PC操作

翻訳費用に影響する要素

多言語翻訳の費用に影響する要素には言語の希少性や翻訳の分量が挙げられます。また、納期が迫っている作業の場合は複数のスタッフでの対応を迫られるので、企業が多言語翻訳を依頼する際には人件費がかさむことを把握しておくことが求められます。

詳しく見る

最新記事一覧

アルファベット

安心して契約できる

翻訳会社を利用するメリットは外国との交渉の多い企業にとってはとても大きいです。特に翻訳会社を利用すると良いケースは、複雑な内容の交渉において契約を締結するケースなどで、それらのケースでは翻訳会社を利用する価値が高まります。

詳しく見る

言語

翻訳者の多いエージェント

多言語翻訳の依頼先は登録者の多いエージェントが理想とされています。これは対応言語の範囲が広がるだけではなく、複数名のチェックが受けられるためです。そのために、専門性の高い翻訳でも品質が向上するというメリットがあります。

詳しく見る

女性

企業に必要な翻訳業務

経済のグローバル化によって海外進出したり海外の企業との取引が多くなっています。そのような企業に必要なのが翻訳会社です。英語はもちろん、幅広い言語に対応できるところと提携を結びます。翻訳の正確さをチェックするためにはテスト翻訳をしてもらう必要があります。重要文書を扱うのでセキュリティ面も大事です。

詳しく見る

ENGLISH

翻訳サービスに関して

多言語翻訳サービスを活用していくことで、とても大きなメリットがあります。品質の高さを求めていくということになればそれなりの費用が発生していくという部分もあります。どんな仕組みやサービスを選択するのかで、品質や料金も違います。

詳しく見る

広まる外国語訳サービス

ENGLISH

内容と依頼の流れ

海外の企業との取引や、海外で事業を展開するにあたっては、言葉の壁が問題となります。そこで、海外の人たちと円滑にコミュニケーションを進めるために便利なのが、翻訳サービスです。このサービスを提供するのが翻訳会社で、世界の共通語とも呼ばれる英語をはじめ、いろいろな言語が取り扱われています。ビジネスの世界では、一般的な翻訳では扱わない、特殊な専門用語を使うことも少なくありません。そこで、ビジネスの知識、経験を持ったスタッフが作業にあたる、企業向けの翻訳会社も多いです。さらに、法律や科学、情報通信や経済、医療といったように各専門分野に詳しいスタッフをそろえる翻訳会社もあり、より専門的な翻訳作業も可能にしています。サービスの流れとしては、まず見積もりから始まります。翻訳内容や量、難易度などにより、料金は決定され依頼者に提案されるのです。その後、原稿を送付し実際の翻訳作業に入ることになります。作業後は、ミスがないかチェックが入ることが一般的です。特に、専門性が高い文書などは、二重チェックとなることも少なくありません。すべての作業が完了すれば納品となり、ファックスやメール、郵送などを通じて行われます。指定したデータ形式で納品してくれる翻訳会社も多いので、必要に応じて指定しましょう。なお文書の訂正など、万一トラブルが発生してもいつでも対応してくれる、アフターサービスが充実している翻訳会社を選ぶことをおすすめします。