最新記事一覧

翻訳費用に影響する要素

PC操作

翻訳の難易度と依頼先選び

多言語翻訳を行っている企業は多彩な分野の翻訳業務に対応しています。しかし、各言語への翻訳は一文字単位で料金が異なり、言語の種類だけではなく翻訳分野によっても単価が変化するのです。具体例としては、メールや会議資料などは作業の難易度が低く、低価格なものとなります。しかし、特許申請のような翻訳は専門性の高い翻訳者に依頼しなければならないため、希少性の高い言語を含む多言語翻訳の際には高額になることが一般的です。それゆえに、依頼する翻訳の性質を見極めたうえで多言語翻訳を請け負う企業を選択することが重要になるのです。また、多言語翻訳の場合は複数の翻訳者がひとつの作業に従事することが一般的です。企業の依頼によっては翻訳する資料や文書を社外に持ち出せないケースも見受けられます。そのため、複数の翻訳者が依頼先に出張して対応することになるのです。また、翻訳量が膨大な多言語翻訳でも複数の翻訳者が対応することになるため、コストがかさむケースが多く見受けられます。特に、納期が迫っている多言語翻訳の作業の場合、作業を分担することが必要になるために人件費が高くなるケースが見られるのです。それゆえに、翻訳の分量と言語の希少性などを把握した上で、事前に依頼先の翻訳会社に相談してみることが求められます。さらに、翻訳の単価が高くなる理由としては文章のチェックの有無があります。これは翻訳した言語を母国語とするチェッカーによる確認で、品質を高める上で必要です。多言語翻訳の依頼ではこれらの要素が翻訳費用に大きく影響することを把握しておくことがポイントとなります。